忍者ブログ

Diary

KURIYA MASAKATSU Official Web Site Korigin > Diary
MENU

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

折り返し。


早いもので、益子の春の陶器市ももう折り返し。
…っていっても後4日もありますけどね。

同時に私の個展も後4日。
毎日大勢の方々に見ていただき感謝感謝です。

今回の個展では先日も書いたとおり、ギャラリーの場所が非常に良いところにあるので、たくさんの同業者の先輩の方々や、以前からのギャラリーのお客様達にも見ていただき、厳しくもとても良いアドバイスをいただいています。

いや、けしてへりくだって言ってるわけじゃなく、本当に勉強になってます。

ここのギャラリーをひいきにしてくださっているお客様の中にはけっこう特殊な職業のエキスパートの方が多いらしく(まあ、なぜそういうお客様が多いか、とかは説明すると長いので省略)、先日も展示の仕方、照明の使い方などいろいろとアドバイスをいただきました。

聞いてて「なるほどなぁ」と思うことが多かったので、会期中あちこち展示をいじりまくってます。
こんなに始ってから展示を動かしたのは始めてかも(笑)。
しかも地味ぃ~なところをちまちま直してる。
始まりの頃と最終日の写真で間違い探しができるぞ、きっと(笑)。

展示の仕方、空間の演出だって大事な仕事。そしてその空間そのものも作品。
いくらものが良くたって、見せ方が悪けりゃ生きてきませんものね。
そういった知識、技術はこの先もどんどん意識的に吸収して生かしていきたいものです。

IMG_2780_R.JPGそして、いまさらながら告知。

回の陶器市では自分の個展以外にもイベントテントを数人で管理しています。

陶芸メッセ益子 遺跡広場 内に出展している


「CLAY MESSAGE FOR THE FUTURE 未来を紡ぐ土の交感2009」交流テント

このタイトル、どっかで見たことが…と思った人、正解。
私のプロフィールの中に書かれていますね。

2008年行われた同名のイベントの続編として今年度の秋に開催を計画しています。
内容としては韓国の若手陶芸家を招待して、ワークショップやらなにやらいろいろやります。

そもそもこのイベントは
EAST & WEST CLAY WORKS」という1999年から続けられている国際的な陶芸イベントが昨年益子で開催された折にその一環として益子と韓国の若手陶芸家との間で行われた交流展です。

それをなんとか続けていこう、ということで実行委員会が発足、今年の春の陶器市で資金調達とイベント広報のために企画に賛同してくれる作家さんたちから寄付の作品を募り、このテントで販売しています。

自分も実行委員会のメンバーなので昨日、一昨日の平日は、当番でこちらの店番をしとりました。
まあ、本企画も含め、詳しくはまたいずれ話すとして、企画の運営、立ち上げってほんとに難しい。
向き不向きもあるしね。
こちらも先輩の作家の方々にアドバイスをいただきながらすすめています。

どうぞ、こちらのテントにも遊びに来てくださいね。
かなりお安くなっていますよ。

実は、もう一本、別のイベントの立ち上げの初期メンバーとして動いている話があるのですが、いつ開催の、どんなイベントなのかはまだ内緒。

もう少し話がまとまってきたらお伝えしますね。

てなわけで何かと学ぶことの多い今回の春の陶器市・個展。IMG_2785_R.JPG

後4日。

どーか晴れ続けますように。



 












PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

× CLOSE

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

フリーエリア

最新コメント

[12/07 HOTP]
[09/29 鈴木由香]
[05/23 yuzu]
[04/27 Alice]
[04/20 Alice]

最新トラックバック

プロフィール

HN:
Kuri
年齢:
41
性別:
男性
誕生日:
1976/02/26
職業:
陶芸作家
趣味:
音楽鑑賞 映画 喫茶 読書 写真 仕事 などなど

バーコード

ブログ内検索

最古記事

(01/01)
(01/02)
(01/04)
(01/09)
(01/12)

P R

× CLOSE

Copyright © Diary : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]